山本寛太朗関連ブログの最新記事

ドメイン・サーバーのSEO対策の落とし穴とは ~Google検索エンジンアルゴリズム200項目の詳細~


山本寛太朗で~す  (^.^)

今日は、SEO対策Google検索エンジンアルゴリズムについての

4回目のとして、ドメインサーバーについて

お話ししてゆきましょう。

domain server

 

今日お話しするドメインに関する評価項目は

以下のような13項目になります。

ドメイン:13項目

・ドメインエイジ
・ドメインの登録期間
・ドメインの登録情報
・トップレベルドメインの地域
・トップレベルドメインの種類
・サブドメインかルートドメインか
・ドメインのIP変更の記録
・ドメイン所有者の履歴
・ドメインにキーワードが入っているかどうか
・ドメインのIP
・ドメインのIPの近隣IP
・ドメインへのリンク
・Googleウェブマスターツールでの対象地域

 

まず最初のドメインエイジについては

基本的に古いほど良いということになります。

ドメインエイジについては、次のドメインの登録期間と

何が違うのかと疑問に思う方がいるかもしれませんね。

ドメインエイジは、そのドメインが

Googleに最初にインデックスされてからの経過期間で

ドメインを取得しただけでそのドメインのページがないと

ずっとドメインエイジは0のままということになります。

私も結構あるのですが、

ドメインを取ったけどページは後から作ろうと思って

そのまま忘れていたりするとドメインエイジは0のままなので

もったいないので何かの記事をアップしておいてくださいね。

 

そして、.com .net .info .jp などのトップレベルドメイン

種類についてもSEO上の強さがあります。

日本だと、.jp .com .net .org がいいですね。

それ以外のトップレベルドメインは、

フリーメールでスパム扱いされやすかったり

検索の上位表示されにくいようですので、

安くても使わない方がいいと思います。

ドメインにキーワードが入っているかどうかについては、

日本語ドメインの方が検索サイトに早く上位表示されます。

ただ、リンクやメールする時のURLが分かりづらく長くなるので

そこは気をつけておいた方がいいですね。

 

最後に、Googleウェブマスターツールでの対象地域という

項目があります。これは何を意味しているかというと

Googleウェブマスターツールの情報も

検索順位に少しは関係しているということになります。

つまり、バックリンクサイトを

Googleウェブマスターツールに登録すると

自作自演のバックリンクがバレバレになる可能性がある

ということなので気をつけておいてくださいね。

 

サーバーに関してはこのような2つの項目で評価されます。

サーバー:2項目

・サーバーの設置された場所
・サーバーの信頼性

 

アダルトアフィリエイトで多いのですが、

海外サーバーを使うとサーバーの設置された場所で

マイナスになる可能性があるということですね。

もう一点、海外サーバーの弱点は

データが海底ケーブルを通ってくるので

どうしても表示に時間がかかることです。

SEOの評価項目として表示時間

結構重要なのでここもマイナスになる

可能性がありますね。

 

Google検索エンジンアルゴリズムについての

SEO対策関連の記事は他にもこういうものがあります。

まだ読んでいない方はチェックしておいてください。

コンテンツとキーワードに関するGoogle検索アルゴリズム”

SEO対策必見!Google検索エンジンアルゴリズム200項目を大公開

SEO対策のポイント!Googleが検索アルゴリズムで重視しているのはこれだ

今月の注目SEOキーワードはこれだ!~Yahoo!検索キーワードランキングの分析~

 

それでは、また次回お会いしましょう。

山本寛太朗 (^_^)/


あなたのポチッが記事を書くはげみになります。
この記事が役立ったと思ったら、はてなブックマークよろしくお願いします
↓↓ m(_ _)m


↓↓ブログランキングにもご協力いただけると嬉しく思います


follow us in feedly

人気記事

コメントを残す


1 + = 7

サブコンテンツ

こんにちは、山本寛太朗です

山本寛太朗

こんにちは、山本寛太朗です。

アフィリエイト歴9年、インフォプレナー歴8年の経験とノウハウをこのブログで公開して、初心者の方でも稼げるようになっていただければと思います。

著者


Written by

このページの先頭へ