山本寛太朗関連ブログの最新記事

SEO対策必見!Google検索エンジンアルゴリズム200項目を大公開


山本寛太朗で~す  (^.^)

昨日は、小ネタや裏技の記事が続きそうです

と言っていましたが重要情報が見つかりましたので、

今日から大ネタを連載してゆきます。

その大ネタというのがこれです。

実は、密かにGoogleの検索エンジンアルゴリズム

200項目が公開されていたようです。

google200seo

 

このサーチエンジンジャーナルという

アメリカのSEO関連の専門誌に2009年12月に

掲載されたAnn Smartyの記事に書かれていました。

Let’s Try to Find All 200 Parameters in Google Algorithm

 

ということで、この200項目について

連載で分析しながら解説して行きたいと思います。

 

GoogleのMatt Cuttsは200項目あると言っていますが

この記事では130項目をリストアップしていますので、

実際には130項目について見てゆきましょう。

 

このGoogle検索エンジンアルゴリズム200項目は、

確かに2009年の年末と少し前の情報で、

その後、パンダアップデート・ペンギンアップデート

ハミングバードアップデートなどの

Goggleの検索エンジンのアップデートがあったので、

それぞれの項目の重要度は変わってきていると思いますが、

チェックする項目自体はそれほど変わっていないと思います。

 

まず、アルゴリズムというのは、

中学の数学を思い出してもらったら分かると思いますが、

一番簡単なのはこのような一次関数で、

Y=aX+b

Xが1増えるとYがいくつ増えるか

ということを決めるものです。

Google検索エンジンで例えれば、

Xが外部からのバックリンクの数で

Yが検索順位という感じになります。

そのアルゴリズムのXに相当する項目が200個ある

ということになります。

上の式の例で例えれば、このよう足し算が

200個並ぶ式になります。

Y=aX1+bX2+・・・X200

 

単なる200項目の足し算でもこのように複雑なのですが

実際は非公開のもっと複雑な式になっていると思います。

パンダアップデート・ペンギンアップデートは、

この式のaのような各項目の重みづけ

を調整しているだけで、

この200項目自体を変えるのは

とてつもなく大変なので、

今でもほとんど変わらず使われているはずです。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

今日はGoogle検索エンジンアルゴリズム200項目のうち

130項目の分類をご紹介します。

1. ドメイン:13項目
2. サーバー:2項目
3. 構造:8項目
4. コンテンツ:14項目
5. 内部リンク:5項目
6. ウェブサイト:7項目
7. ページ:9項目
8. キーワード:13項目
9. 外部へのリンク:8項目
10. バックリンク全般:21項目
11. 特定のバックリンク:6項目
12. 訪問者属性・行動:6項目
13. ペナルティ:12項目
14. その他:6項目

このようにGoogle検索エンジンアルゴリズムの

項目が分類されています。

 

項目数の点からみるとこの中で重要なのは

・バックリンク
・コンテンツ
・キーワード
・ドメイン
・ペナルティ

であることが分かりますね。

 

Google検索エンジンアルゴリズムについての

SEO対策関連の記事は他にもこういうものがあります。

まだ読んでいない方はチェックしておいてください。

SEO対策のポイント!Googleが検索アルゴリズムで重視しているのはこれだ

SEO対策 これが簡単で重要なポイントだ! ~コンテンツとキーワードに関するGoogle検索アルゴリズム~

 

それでは、また次回お会いしましょう。

山本寛太朗 (^_^)/


あなたのポチッが記事を書くはげみになります。
この記事が役立ったと思ったら、はてなブックマークよろしくお願いします
↓↓ m(_ _)m


↓↓ブログランキングにもご協力いただけると嬉しく思います


follow us in feedly

人気記事

コメントを残す


8 − = 3

サブコンテンツ

こんにちは、山本寛太朗です

山本寛太朗

こんにちは、山本寛太朗です。

アフィリエイト歴9年、インフォプレナー歴8年の経験とノウハウをこのブログで公開して、初心者の方でも稼げるようになっていただければと思います。

著者


Written by

このページの先頭へ